クリックアシスト開発日記

Home

クリックアシスト開発日記

ウメサオタダオ展に行ってきました。

シゴタノ大橋さん発案、R-style倉下さん引率のもと、
国立民族学博物館で行われているウメサオタダオ展に行ってきました。


 

多数の展示品(約1,000点だそうです)に加えて、
梅棹忠夫氏の言葉がいたるところに掲げられていました。


 

2階には感想などを記入できる用紙が置いてあり、
その場でデジタルカードとして「デジキャビ」に取り込めるコーナーも。

 

 

世界各地で収集した展示品もありましたが、
多くは日記やメモ、身のまわり品などの日常的な品々。

それを時系列に並べたり整理や分類することで、
価値が上がるから不思議です。

1つのメモ書きでも意味はありますが、
その前後や当時の状況などを重ね合わせることも大事ですね。

アウトプットの記録だけでなく、
そこに至るプロセスや周辺情報も大切だなーと痛感しました。

ライフログを残す価値は、
このあたりにあるのかもしれませんね。

 
あと、博物館でたくさんの言葉に触れるなかで、
「完成感覚をもったら墓場への入り口」が印象に残りました。


 

 
そういえば、博物館は万博公園内にあるのですが、
有名な「太陽の塔」にはある秘密が…。


 

 

 

 

 

 
なんと、後ろにも顔があるぢゃないですか!
はじめて知りました(^^ゞ


 
3、4メールくらいの高さかと思ってたけどかなりあるし、
どこでも行ってみると発見があるものですね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Re:関西ライフハック研究会に行ってきました。

昨日、Re:関西ライフハック研究会に参加してきました。

 
第1回ということもあって、テーマは私のライフハックとは

参加者全員が3分間のライトニングトークスを発表し、
それぞれのライフハックを共有するという主旨でした。

こんな感じ↓のコンパクトな会場だったので、
発表者との距離が近く一体感が出やすくて良かったです。

 
マインドマップを使った発表があったり、
写真や図などで工夫された資料も多く、非常に参考になりました。

 
これまで5分間のLTは経験していますが、
今回は3分ということで内容を絞り込む難しさがありました。

参加者のみなさんも苦労されていましたが、
それでも主旨を伝えるには十分な時間だと感じました。

個人的には絞り込みは良かったんですが、
ライフハックに関係ない蛇足が多すぎたのが反省点(>_<)

ちょっと大阪バージョンということで、
力が入りすぎたかなー(^^ゞ

 
参加者全員の発表後には、
今後の運営についての意見交換がありました。

今後のテーマや日程についての話、
参加者同士のコミュニティやつながりをどうするのか等々。

いろいろなアイデアが出ていましたので、
今後の研究会が楽しみですね。

 
その後の懇親会も盛り上がり、充実した大阪出張となりました。

運営スタッフのみなさん、お疲れさまでした。
参加者のみなさん、ありがとうございました。

引き続き、twitter等でもよろしくお願いします!

 
 
余談ですが、以前に心斎橋で勤めていたこともあって、
キョロキョロしながら会場へ向かいました。

入れ替わっている店舗も多かったですが、
地下鉄を出てスグのSTEPは健在!

あの活気が10年以上も変わらないなんてスゴイなー。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home


検索
RSSフィード
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top